日々よしなしごと徒然に(改)

日々の出来事や物欲とかをつらつらと書き綴ります

とうとう6月ですね。

どもども!メフィー@mephisto1013です!
少し今更感がありますが、WWDCまで2週間を切りましたね。

今年の目玉はどんなものになるんでしょうか。
元々デベロッパーへの新しい技術のお祭り的なものなので新製品発表とかを期待していけないのですが、前はiPhoneの発表とかもしていましたし、Mac系のアップデートも同時に行われていたので俄然期待が高まりますね。

    今出ている噂をまとめると

  • siriの発展
  • MacBook Proの新筐体
  • ThunderboltDisplayの強化
  • 恒例の次期iOSの発表
  • またまた恒例の次期OSXの発表

といったところでしょうか。

siriの発展は大いに期待

というのも、今のsiriは正直googleに負けています。
登場した当初は華々しくこれからは音声認識のsiriに色々と音声で機能を発動して欲しかったのですが、それ以前の音声認識からは向上したとはいえ物足りない感があります。
なんていうかお役所仕事感のある音声認識ッて感じですね。
ちゃんとしたトリガーで発動しないと待たされた挙句、理解出来ませんでしたとか言われ、あまりsiriは使用しなくなりました。
ただ、音声認識の点ではiPhoneはここ数年でかなり飛躍しましたね。
最初の頃は使い物にならないほどの誤変換だったのに今ではかなり正確になり、こんなリンクも平成10年生まれ「何で平成一桁生まれの人たちって、がんばってフリック入力でTwitterしてるんですか?」
ここまでは極端な例ですが、これぐらい普通に使える様になったなぁとは思います。
なので、そろそろsiri自身にもテコ入れをして、この音声認識力を存分に発揮してもらいたいです。

MacBook ProとThunderboltDisplayの情報はちょくちょくと出てますね。

これに関しては突如降って湧いた様に噂が出てきて、ちょうど現行のMacProの登場とかぶります。
すべてソース元は気になる、記になる…さんです。
次期「MacBook Pro」のものとされる筐体の写真が流出 ー タッチバーやUSB-Cを搭載か
「WWDC 2016」の開催を前に「Apple Thunderbolt Display」の在庫が減少からの
Apple、GPUを内蔵した5K対応の新型ディスプレイを年内に発表かという噂がでています。
これが本当なら、MacBook Proに関してはまだ使い勝手は未知数ですが、長年のファンクションキーで決まっていた刻印の機能が自由にカスタマイズ出来るのは便利ですね。
使用していないキーによく使用する機能を割り振ったりできるのは中々楽しみです。
ThunderboltDisplayに関してはDisplayに外付けGPUが搭載されるというのがすごい楽しみです。
ただ、AppleのことなのでこのGPUを拡張性のあるものではないでしょうし、Displayを表示させるための機構の一つでしょうがこれが普及すると他のメーカーがゲーム用に似たDisplayを出してくるかもしれませんね。
ある種のブレイクスルーを期待したいです!!

そろそろOSXに関しては2年周期でのアップグレードでも良いんじゃないでしょうか

いやぁ、最近というよりも10.7以降そう感じることが強くなってまして、ボクの中で。
10.5から10.6もLEOPARDからSnow Leopardというマイナーアップデート感はありましたが、これはマイナーというよりも仕上げて来たという印象が強かったです。
64bit標準化とか。
UIの変化もそれを助長しているのでしょうが、10.10のYosemiteから10.11のEl Capitanはマイナーアップデート感が拭えなくて。
Yosemiteで不安定だった所の修正や昨日の向上に力を注いでる様に感じます。
AppleもそのつもりでOSのコード名をYosemiteの中にあるEl Capitanにしたのかなと。

何はともあれ楽しみで仕方ないです!早く来い来いWWDC2016!!

ではでは!!

 

Twitter でmephisto@メフィさんをフォローしよう!

Pocket
[`evernote` not found]

AppleWWDCイベント

mephisto • 2016/06/02


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *